脱毛情報記事一覧

ヒゲ脱毛の施術までの流れは、まず、来店して詳しくカウンセリングをします。脱毛したい部位や毛に関する悩み、これまでの脱毛経験などを詳しく相談し、説明を受けます。この際に、施術に関する疑問や不安も解消しましょう。その後、脱毛を行うと決めたら、最初の施術日の予約をして終了のサロンもあれば、そのまま1回目の施術に入るサロンもあります。体験コースを申し込んでいた場合には、カウンセリング終了後に実際のヒゲ脱毛...

ヒゲ脱毛の施術時の痛みについては、方法や施術者の腕にもよりますが、やはり、かなり痛いという感想が多いようです。元々、男性は痛みには弱いと言われますが、特に痛みが苦手な人は、それが理由でヒゲ脱毛を諦める場合もあるくらい痛いでしょう。ただし、サロンで行われるフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛に比べると、かなり痛みが弱くなっています。レーザーの出力が弱いため、脱毛効果の出方もレーザーよりは劣りますが、痛いの...

家庭用レーザー脱毛器を使用して、ヒゲを脱毛する方法があります。家庭用レーザー脱毛器を使用するメリットは、3つあります。・エステよりも費用が安い・脱毛効果が高い・自宅で脱毛できる通常、エステでヒゲ脱毛をすると、非常にお金がかかりますが、家庭用レーザー脱毛器であれば、それほど費用はかかりません。高い物は10万円以上しますが、安い物だと5万円前後で購入できるでしょう。近頃の家庭用レーザー脱毛器は、とても...

毎日、ヒゲを剃るのは非常に面倒なことなので、ヒゲ脱毛を考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、ヒゲ脱毛をエステなどで行うと、数万円〜数十万という費用がかかります。そこで、リーズナブルな価格で購入できるヒゲ用の脱毛クリームを使用する方も珍しくありません。脱毛クリームのメリットは、ヒゲに塗るだけで、簡単に脱毛できる点です。また、カミソリや電動シェーバーなどでヒゲを剃るよりも、綺麗に処理できるの...

脱毛クリームを購入しようとすると、種類が多くて驚くはずです。一言で「脱毛クリーム」といっても、様々な種類があり、目的や肌質によって自分に合ったものを購入しないといけません。脱毛クリームの種類は、大きく2つに分けられます。・抑毛タイプ・完全脱毛タイプ抑毛タイプのものには、抑毛成分が配合されており、「毛を薄くする」「毛を細くする」ことを目的としています。この抑毛タイプは肌への負担も少なく、肌荒れを起こ...

男性のみなさん、ヒゲのお手入れはどうなさっているでしょうか。中には、「日々お手入れはほとんどせずに、思いついた時だけ」なんて人もいるかもしれません。体質的にヒゲが生えないような人だっているでしょう。が、そんな人たちはごくごく少数でしょう。また、職業柄、ほんの少しだって、ヒゲが伸びるのが許されないような人だっているはずです。かつては少々ヒゲが伸びていたほうが「ワイルド」なんてもてはやされたかもしれま...

今、最も一般的な脱毛方法である光脱毛の場合、ヒゲ以外の体毛ならば、施術を完了するのに1年や2年かかります。そうなってしまう理由は……@光脱毛の光照射は1回ではしっかりとした脱毛効果を発揮しないので、繰り返す必要がある。A施術を施術の間は時間を置く必要がある。……のふたつです。中には、「自分は急いでいる。時間は都合をつけるから、間を置かずにやってくれ」なんていう人もいるでしょう。が、これは無理です。...

せっかくヒゲ脱毛をやるのならば、「永久脱毛」にしたいですよね。あるいは、「脱毛施術を受ける」ということが、同時に「永久脱毛にしてもらう」の意味だと考えているような人もいるかもしれません。が、これには注意が必要です。「永久脱毛」と「半永久脱毛」があるのです。「半永久脱毛」の方は、「まず実際にヒゲが再生してくることはほとんどない。が。絶対とまではいえない」ぐらいのニュアンスです。脱毛方法にはみっつあり...

ヒゲであろうと、ボディーであろうと、脱毛方法は「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」の酸種類しかありません。まず、最初に普及したのは、「ニードル脱毛」です。これは、「電気針脱毛」とか、単に「針脱毛」といった別名で呼ばれることもあります。先端で熱を発生させることのできる細い金属棒を使います。これを毛穴ひとつずつに当て、毛母細胞を焼いていくのです。メリットとしては、「毛穴1個ごとに処理する・しない...

女性の場合の脱毛は、「スッキリとなくして、日ごろのお手入れをしなくていいようにする」ということが大半です。これは顔に生えている産毛でも、ワキやスネのしっかりとしたムダ毛でも同じです。男性の場合は、もうすこし複雑です。特に注文が多くなるのが、顔に生えるムダ毛の場合です。つまりヒゲです。大体、次のようなパターンに分けられるでしょう。@あごや口の周りなどを、全く生えなくして、ヒゲそりをしなくていいように...

ヒゲや体毛が濃い場合、脱毛してしまうのが、根本的な対策です。ですが、中には「今よりも少し薄くなるぐらいでいい」という人もいるでしょう。体質・毛質にもよりますが、、「普段の生活の中で気をつけていれば、ヒゲや体毛が薄くなる」ということがあります。こちらの方を試してみましょう。また、脱毛しても、全身全部を自分が思ったような濃さにするのは、かなりの大事です。お金もかかります。ですから、すでに体の一部の脱毛...

男性がエステサロンを利用することは、決して珍しいことではなくなりました。痩身のための場合もあれば、ニキビ対策などお肌のための場合もあります。もちろん、脱毛をする男性もいます。こういった流れをエステサロンの経営者側も見逃すわけにはいかないようです。ホームページなどで「男性も歓迎します」とアピールしたり、「男性専用店」を用意するところもあります。もし、脱毛で利用するのならば、男性専用店のほうが安心です...

体毛が濃い方が男らしい、胸毛や腹毛はセクシーでカッコイイという女性がいます。しかし、実際にそのような感性を持った女性の比率はかなり低いです。調査によると、女性の90%以上が「体毛が薄い人の方がよい」と答えています。女性は特にどんなむだ毛を見ているのでしょうか?まず挙げられるのが、指毛や手の甲の毛です。何かを手渡したりする時に、指や手の甲の毛がボーボーだと、ぎょっとする女性が多いようです。また、胸毛...

脱毛は痛くて耐えられないのではと心配する人もいます。確かに、レーザー脱毛でも光脱毛でも痛みがないわけではありません。脱毛のメカニズムは、毛のメラニンという成分に機会が反応し、毛母細胞を破壊するというものです。それで、多かれ少なかれ痛みが伴うのも当然です。実際に施術を受けた人の感想を見ても、ほとんどの人が痛みを感じています。しかし、痛みの度合いは部位によって様々で、かなり痛いと感じる部位もあれば、ほ...