メンズ脱毛の施術中に毛が濃い人が自分で出来る生活習慣対策とは?

 

ヒゲや体毛が濃い場合、脱毛してしまうのが、根本的な対策です。

 

ですが、中には「今よりも少し薄くなるぐらいでいい」という人もいるでしょう。

 

体質・毛質にもよりますが、、「普段の生活の中で気をつけていれば、ヒゲや体毛が薄くなる」ということがあります。

 

こちらの方を試してみましょう。

 

また、脱毛しても、全身全部を自分が思ったような濃さにするのは、かなりの大事です。お金もかかります。

 

ですから、すでに体の一部の脱毛を済ませた人、あるいは予定している人でも、知っておいて損にはならない話です。

 

男性の場合のヒゲやムダ毛が濃くなる理由は、「遺伝」と「男性ホルモンの過剰分泌」です。

 

遺伝の方はなんともなりませんから、対策としては「男性ホルモンの分泌を抑える」ということになります。

 

具体的な方法としては、次のようになります。

 

・時間的に十分で、質のいい睡眠を取る

 

・食事を肉食中心から、野菜中心に変える

 

・ストレスを減らす、ためこまない

 

・過激なトレーニングをしない

 

ほとんどが「健康を保つのに必要」とされているのと同じようなことばかりです。

 

また、発想を変えて、「女性ホルモンの分泌を増やす」ということも有効です。

 

女性ホルモンには男性ホルモンの働きを弱める効果があるのです。

 

・アロマセラピィを楽しむ

 

・ハーブティーを飲む

 

・草木を身近に置いたり、動物を育てる

 

・ゆっくりと入浴する

 

ほかにもたくさんありますが、「リラックスすると女性ホルモンが増える」と覚えておけばいいでしょう。

 

「大豆食品をしっかりと取る」というのも、「女性ホルモンの分泌を増やす」と同じような考え方です。

 

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンととても似ている成分で、体に入ると同じような働きをします。

 

また、昔から「ヒゲやムダ毛を頻繁にそっていると、皮膚が刺激されて、濃くなってしまう」とはよく聞きます。

 

ですが、これは間違いのようです。

 

カットしていないヒゲやムダ毛の先端は細くなっています。

 

ところが、カミソリや電気シェーバーを使うと、根元近くの太いところでカットすることになります。

 

これが伸びてくると、先端まで太いヒゲやムダ毛になります。また、切断した断面も目につくようになります。

 

確かに見た目には濃くなっていますが、ヒゲやムダ毛の生える能力をアップさせてしまっているわけではありません。

 

ですから、「ヒゲやムダ毛を濃くしないために、手入れの回数を減らす」というのは、まったく意味がありません。