女性とは違うメンズ脱毛サロンの主な特徴について

福岡 メンズ 脱毛エステ

男性がエステサロンを利用することは、決して珍しいことではなくなりました。

 

痩身のための場合もあれば、ニキビ対策などお肌のための場合もあります。もちろん、脱毛をする男性もいます。

 

こういった流れをエステサロンの経営者側も見逃すわけにはいかないようです。

 

ホームページなどで「男性も歓迎します」とアピールしたり、「男性専用店」を用意するところもあります。

 

もし、脱毛で利用するのならば、男性専用店のほうが安心です。

 

男性と女性では、肌質・毛質も違えば、希望する脱毛の仕上がりも違います。やはり普段から数を多くこなしているところのほうが、よく理解しています。

 

たとえば、男性のほうが皮膚ががんじょうで、ムダ毛の一本一本が太いです。

 

そのため、光照射をする際には、出力を上げる必要があります。使う機器の種類さえ変えたほうがいいぐらいです。

 

さらに問題になるのが、「希望する脱毛の仕上がり」の方でしょう。

 

女性の場合と希望する脱毛の部位からして異なります。

 

女性の場合は、まずは「両ワキ(ワキ毛)」です。あとは「ヒザ下(スネ毛)」「Vライン(股間の前部)」と続きます。

 

男性の場合は、なんといっても「顔のムダ毛」つまり、ヒゲの脱毛が断トツで多いです。あとは「胸」「背中」「おなか」などとなります。

 

また、その仕上がりは、女性ならば「両ワキ・ヒザ下のムダ毛を全部なくす」というのが当たり前です。顔の場合であっても、「産毛を全部処理する」です。

 

一方、男性ならば、女性同様に「毎日の手入れが大変なので、顔のヒゲを全部生えないようにする」という人もいれば、「ヒゲの脱毛はしたいが、全く生えないのも困る」「胸毛が濃すぎるので、少し薄くしたい」といった人もいます。

 

リクエストの内容が人によってかなり異なり、また細かいのが、男性の脱毛の特徴です。

 

もし、薄くするだけならば、光脱毛での施術を途中の回数で終了するようなことも、方法としては採用されています。

 

また、これが影響して、採用されている脱毛方法自体にも、女性の場合と男性の場合で違いが見られます。

 

女性客中心のエステサロン・脱毛エステでも、男性専用店であっても、最も一般的な脱毛方法は、「光脱毛」です。光のエネルギーで毛根・毛母細胞にダメージを与えます。

 

異なるのは、かつての主流だった「ニードル脱毛(電気針脱毛)」の扱いです。

 

女性客中心の店では、ごく一部のお店でしか残っていません。

 

一方、男性専用店の場合、ニードル脱毛を採用していたり、光脱毛と両方採用して、状況で使い分けるところがけっこうあります。

 

ニードル脱毛では、毛穴ひとつずつに、熱が発生する極細の金属棒を当てていきます。

 

そのため、「脱毛範囲のうちの半分の毛穴だけ発毛機能を止める」「口ヒゲ部分は残し、ほおにかかる部分からは全く生えなくする」といった細かい工夫ができるのです。

 

リクエストの細かい男性の脱毛に適しているわけです。

 

ニードル脱毛には、「痛みが強い」「料金が高い」などのデメリットもありますが、もし仕上がりにこだわりがあるのならば、十分に検討する価値があります。

 

⇒福岡のメンズ専用の脱毛サロンはこちら