ヒゲ脱毛の種類

福岡 メンズ 髭脱毛 種類

 

 

ヒゲであろうと、ボディーであろうと、脱毛方法は「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」の酸種類しかありません。

 

まず、最初に普及したのは、「ニードル脱毛」です。これは、「電気針脱毛」とか、単に「針脱毛」といった別名で呼ばれることもあります。

 

先端で熱を発生させることのできる細い金属棒を使います。これを毛穴ひとつずつに当て、毛母細胞を焼いていくのです。

 

メリットとしては、「毛穴1個ごとに処理する・しないを選べ、細かい工夫ができる」ことです。

 

デメリットは、「痛みが強い」「担当者に熟練が必要」「料金が高い」です。

 

ボディーのムダ毛の脱毛では、採用するところが少なくなりました。が、「ヒゲのデザイン」などに適しています。このためヒゲ脱毛に限ると、比較的多くのところが採用しています。

 

「レーザー脱毛」は美容系の医療機関が採用しています。使用する機器が元々、医療用に開発されたもので、エステサロンでは使用が許可されていません。

 

レーザー光を皮膚の上から照射し、そのエネルギーで毛根や毛母細胞を焼いていきます。光脱毛に比べると、やや痛みが強い半面、強力な脱毛効果を発揮します。

 

「光脱毛」はエステサロンで最も普及している脱毛方法です。「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」などなどたくさんの別名があります。

 

レーザー脱毛同様に光のエネルギーを利用します。ただし、使う光はそう特殊ではなく、可視光線です。

 

お肌への負担が少なく、痛みも最も小さいです。料金は3種類の中では最も安いでしょう。ただし、「永久脱毛」にはなりません。5年後10年後には、ヒゲやムダ毛が再生する可能性を残しています。

 

 

⇒ひげ脱毛が選べる!福岡のメンズ脱毛サロン、クリニック特集